tadatann.pesronalgym(ただたん)金山・熱田区

ブルガリアンスクワット

荷重バランスを調整するブルガリアンスクワットパーソナルトレーニング指導金山ただたん

体重移動をコントロールして効果を高める!ブルガリアンスクワットのコツとは?

ブルガリアンスクワットでは

前に出した足に8割近くの体重がかかるとてもきついトレーニングです😊

太ももの裏・お尻の筋肉はお尻を引くことで使いやすくなります🦵

この時、上半身を倒すと
後ろ足に荷重が流れずに
前足で踏ん張り続けることができます😆

金山駅から徒歩5分
〒456-0018
愛知県名古屋市熱田区新尾頭1-6-10
金山伏見通ビル(第15フクマフビル)501号

体重移動をコントロールして効果を高める!ブルガリアンスクワットのコツとは? Read More »

上半身を倒すブルガリアンスクワットパーソナルトレーニング指導金山ただたん

バランス感覚を鍛えるための片足スクワット

片脚のスクワットは

前後左右のバランスをとるために
足首からお尻、体幹の筋肉まで使うことができます😊

片足で踏ん張るのは
人間の移動能力を支えるとても重要な動きです🚶

・前足の中心で踏ん張る
・骨盤を左右に傾かせない
ようにするのがポイントです👍

金山駅から徒歩5分
〒456-0018
愛知県名古屋市熱田区新尾頭1-6-10
金山伏見通ビル(第15フクマフビル)501号
tadatann personalgym (ただたんパーソナルジム)

バランス感覚を鍛えるための片足スクワット Read More »

歩行能力改善パーソナルトレーニング指導金山ただたん

ブルガリアンスクワットで歩行能力を向上させる方法

ブルガリアンスクワットはベンチに片足をかけた状態で行うトレーニングのことをさし、別名リアフットエレベーションスプリットスクワットと呼ばれます。(姿勢をすべて説明している親切な名前ですが長すぎて浸透していないようです)

このスクワットの特徴は片脚への負荷が高くまた左右のバランスがとりづらい点です。
同じく片脚で行うエクササイズのスプリットスクワットと比べると前に出す軸足への負荷量が10%ほど高くなり、左右のバランスがとりづらくなるため上位互換の種目と位置付けることができます。片脚で行うトレーニングの利点は日常生活の歩行動作に近い形で筋肉へ刺激を送ることができることであり、反対に片脚で行うトレーニングのフォームの乱れは歩行能力の低下と関連づけることができると考えられます。

ブルガリアンスクワットは非常に強度の高いトレーニングであり、綺麗なフォームで行うのは非常に困難です。
股関節を安定させるお尻の外側に筋肉が弱っている場合、写真のように膝が内側に入りやすくなります。
股関節の安定性は歩行動作に大きく影響し、安定性が低いままで歩行動作を繰り返すと股関節や膝関節へのストレスが増大し筋や腱、靭帯などの軟部組織障害を引き起こす可能性があります。
歩行時に骨盤の左右が大きく上下に動く場合はお尻の外側の筋力が低下している恐れがあります。(トレンデレンブルグ歩行)

ボディメイクや体力づくりでこの種目に取り組んでいる方は今一度フォームを確認していただき、筋肉や体の疲労感だけでトレーニングの良し悪しを判断しないようにお気を付けください。

ブルガリアンスクワットで歩行能力を向上させる方法 Read More »

上部へスクロール